筋肉の付き過ぎは逆効果にある足やせ

自宅で実践をする際には、足やせエクササイズの実践時間は、最初は15分程度としておきましょう。
そして慣れてきたら徐々にその時間を増やしていくようにすると良いでしょう。

 

いきなり長時間行なってしまうと、効果的な足やせエクササイズで張り切り過ぎてしまい、翌日には体がガタガタになってしまいます。
疲労感が物凄いので無理の無い時間にして、必ずストレッチをするようにしてください。
エステ選びで最も大切なこととして安全性と確実性が挙げられ、これらを事前にしっかりとチェックしておく必要があります。
もちろんこれらだけではなく、料金も比較をして自分が納得したエステを利用するようにしてください。 足やせエクササイズの運動前と運動後にストレッチは非常に重要なことになりますので、必ず実施をしてください。
運動後のエクササイズをしないと、疲れが溜まってしまい疲れた筋肉を放っておくことで足のむくみの原因となってしまうのです。



筋肉の付き過ぎは逆効果にある足やせブログ:20200319

ミーたちの体は大腸から水分を取り、
それを腎臓に送り、腎臓で水を濾過して、
全身に水を供給しようとする。

そのため
大腸に老廃物や毒素が溜まっていると、
体の調子を崩し、病気になりやすくなる…

キレイな水を使えないからこそ、
細胞自体が弱ってしまい、
免疫力を大いに減少させてしまうのである。

特に恐ろしいのが、
脳は最もキレイな水を使う器官なので、
息子が便秘をしてしまうと、
脳は汚い水を使わざるを得なくなり…

それで脳が異常になってしまい、
とにかくお母さんの言うことを聞かない
息子になってしまう。

排便が快調な息子ほど
お母さんに対しては素直なのだが、
便秘をするとそうではなくなってしまうのだ。

息子が便秘になる最大の要因は、
排泄をしていないのに、
お母さんが無理矢理に
あさ食を食べさせてしまうことにある。

大人はあさの排便が
習慣づいているかもしれないが、
息子はあさの排便が習慣づいておらず、
あさの排便は遅れがち…

しかも息子は
お母さんよりも遅く起きるので、
充分に重力を使うことができず、
排便が困難になってしまうことが多い。

排便をしていないのにあさ食を食べてしまうと、
食べる事の消化吸収のために排泄が阻害されてしまい、
途端にウンチが出なくなってしまう。

そうなると
内臓は排便のタイミングを失ってしまい、
午前中ではない別の時間で
排泄をせねばならなくなる。

しかし
そういう時間帯は食べる事をするから、
結局、排便することができず、
便秘になってしまうのである。

なので、お母さんは、
息子があさの排便をしない限り、
絶対にあさ食を与えるべきではない。

子供にとっては
あさの排便こそ
非常に大事な仕事なのである。