ボトックス注射はメスを使用しない

しわ治療にはメスを使用し耳の後ろ辺りの皮膚を切除するなどといった施術がボトックス注射が一般的に使用される前まで、主に行われてきました。
顔の皮膚を後ろに引っ張り、それを縫い合わせるという外科手術が主流だったこともあったのです。

 

メスを使用しないで注射で済むプチ整形として今ではボトックス注射が使用されるようになってきていることから、人気が出てきているのです。
そのことから、これまでよりも患者さんの心身の負担が大幅に減ったのです。
誰でも今以上に美しい身体を作りたいと願うもので、その願いを叶えてくれるのがエステなのです。
とっても効果的で安全な施術をエステで受けることで、きっと自分自身に自信を持つことが出来るようになるでしょう。 ボトックス注射と合わせ最近の美容クリニックでは「ヒアルロン酸注射」や「コラーゲン注射」なども人気があります。
これら様々な施術によって、メスのいらないプチ整形でのシワ治療が大変気軽となったのです。



ボトックス注射はメスを使用しないブログ:20200402

さつまいもって、
何となく太る印象の方が強かったんですが、
減量にはもってこいなんですよね!

昔から
さつまいもは食物繊維の塊なので、
便秘解消に効果的と言われてきました。

子供の頃には、
「さつまいもを食べるとオナラが出る」
なんて我慢した方も多いかもしれませんが…

食物繊維が多いというだけでも、
減量に向いている食材なんです。

それに、さつまいもって
実はそんなにカロリーが高くないんですよね。
ライスよりもカロリーが低いくらいなんです。

一般的なさつまいも減量の方法は、
一日三食の中の一食の主食を、
蒸かしたさつまいもにするというものです。

つまり、一日一食だけ、
ライスや食パンの代替食品として、
さつまいもを食べるということになります。

さつまいもの調理法は焼いても蒸してもいいのです。
でも、蒸した方が適度な水分を保てるので
減量には良いと思います。

また、皮も一緒に食べると
一層、減量効果が期待できますよ。

日々一人分だけさつまいもを蒸すのが面倒なら、
まとめて蒸して冷凍して、食べる時にレンジで温めてもいいですね。
それに、濡らしたペーパータオルを巻いて、
その上からラップで包んで、チンしても
蒸かしさつまいもを作ることができますよ。

どうしても間食が我慢できないという方は、
お菓子の代わりに、蒸かしさつまいもを食べるのもオススメです。

お菓子やショートケーキよりは、
さつまいもの方が、断然低カロリーで食物繊維や栄養がとれます。
少量でもウエストが満足しますので、食べ過ぎも防いでくれますよ!