ツボを刺激して脚やせ

毎日継続することで脚やせ効果に繋がってくるのがツボ押しですが、脚やせとして即効性はあまり期待することが出来ませんがオススメです。
ツボを押してあげることで、体内の血行が良くなったり、さらには新陳代謝が良くなることでしょう。

 

疲労物質の蓄積が減少しますので、効果的なツボを押してあげることで血行が改善し、その結果足のむくみを解消させます。
そんなツボの押し方についてですが両手の親指でグっと力を入れて押すようにしてください。
時代が変わる毎にエステで導入している機器も進化してきており、今では非常に効果的な機器が数多くあります。
特にキャビテーションが今大変注目されており、嬉しい痩せやすい体質を作ることが出来るのです。 セルライトなどといった頑固な脂肪によってツボを押す部分が固くなってしまっている場合も多くみられます。
そんな時にはボールペンの先にガーゼを巻くなどして刺激してあげると指が痛くならずピンポイントでツボを押すことが出来ます。

LED投光器
http://www.i-sss.jp/



ツボを刺激して脚やせブログ:20200904

減量では、
「摂取カロリー<消費カロリー」
の状態にする必要がありますよね。

そのためには食べる事制限が必要となるのですが、
多くの人は、食べる事制限を勘違いしています。
食べる事制限を
「食べないこと」と思っているのです。

確かに減量では
摂取カロリーを抑える必要があるのですが、
あくまでも
「摂取カロリーを減らす」ことであり
「食べない」ではないのです。

これを勘違いして
1日2食の食べる事しか食べない人がいますが、
これは確実にリバウンドしてしまう
間違った減量方法なのです。

1日3食は必ず食べるようにして、
その3食の食べる事から摂取カロリーを減らすのが
正しい減量の基本です。

でも世の中には、
減量に失敗する人が多いです。

3食きちんと食べて
摂取カロリーも抑えているけど痩せない…

それは食べる事方法がいい加減か
知識不足だからです。

「摂取カロリー<消費カロリー」の状態でも
「食べる事の質」と「食べる事の摂り方」に問題があれば
思うように痩せないのです。

まず、
1日のカロリー量を低く抑えても
そのカロリーの中身が重要です。

脂質が多いものや炭水化物を多く食べていれば、
摂取カロリーが少なくても痩せるわけがありません。

また、痩せない人の場合、
朝はほとんど食べずに、昼ちょっと食べて、
23時たくさん食べる…
そんな食べる事の摂り方になっているのです。
これでは摂取カロリーが少なかったとしても、
体脂肪がつきやすいですね。

このように食べる事は
「3食」「質」「摂り方」の3つのポイントがあります。

決して難しいことではないので、
正しい食生活になるよう、自分の食べる事を見直しましょう。